金 馬車 世安

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ イスラエル・ウクライナの陥落と金鉱山を巡る企み
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2024/02/26 VOL740≫

 

欧米権力の“最後の拠り所”とも言うべきイスラエルとウクライナの陥落が
近づいている。それに伴い今、ハザールマフィアらは パプアニューギニアの
金鉱山利権を手に入れるため、内戦勃発を目論んで躍起になって動いている。

 

【 イスラエルとウクライナ 】

まず ガザの大虐殺が始まって以降、イスラエル経済の低迷が加速している。
直近のデータを見ると昨年の第 4 四半期にGDPが年率19.4%下落。その後も
イエメンの親イラン武装組織:フーシ派が紅海でイスラエル向けの貨物船を
次々と撃沈しているため、物資が届かず イスラエルの経済活動は ますます
停滞している状況だ。さらには アメリカからの支援金も止まっているため、
イスラエルが経済危機で降参に追い込まれるのは時間の問題である。
https://edition.cnn.com/2024/02/19/economy/israel-gdp-war-economy/index.html

しかも最近、「ネタニヤフ首相は悪魔崇拝者である」という情報がイスラエル
国内でも広く知れ渡り始めている。ベンヤミン・ネタニヤフの父親: ベン=
シオン・ネタニヤフは 旧ロシア帝国ポーランド領ワルシャワ生まれで、本名
(ロシア姓)をミレイコフスキー(Mileikovsky)という。一家は祖父の代から
熱心なシオニスト運動家で1920年にパレスチナへ移住し、エルサレムに入植
している。

イスラエル諜報機関のモサド筋によると、mileik は moloch=satan(モレク

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

パチンコ エウレカセブン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ バイデン政権の異常事態と米露軍事同盟の成立
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2024/02/19 VOL739≫

 

新型コロナのワクチン接種キャンペーンが“大量虐殺事件”であったことは、
厚生労働省が公表する日本の超過死亡率データを見れば明らか。それなのに
何故、危険ワクチンの推進に加担した日本政界の権力者たちが まだ粛清され
ていないのか。

第二次世界大戦で日本が降伏した時も、米軍が上陸するまでの しばらくの間は
戦犯が粛清されることはなかった。今は、それと同じような状況だ。しかし今後、
それに関わった日本や欧米を含む多くの国の指導者たちは皆、必ず戦犯として
裁かれることになる。

 

【 バイデン政権 】

最近では、それを裏付けるような事象も各所で見受けられるようになってきた。
たとえば、先週14日付の露イタルタス通信の記事に ロシア安全保障会議の
ミハイル・ポポフ副書記のインタビュー内容が紹介されている。そこで 彼が
述べているのが 今の「バイデン政権の異常事態」についてだ。
その中で ポポフは、今年1月1日に米国防長官 ロイド・オースティンが 入院
した際に「代理を務めるはずの国防副長官 キャスリーン・ヒックスが 休暇中
で ワシントンD.C. から遠く離れた プエルトリコにいたこと」、 それから
「バイデン大統領と国家安全保障担当補佐官のジェイク・サリバンが国防長官

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

金 馬車 世安

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ ロックフェラー支配の終焉と大本営発表の変化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2024/02/12 VOL738≫

 

まず今号で最初にお知らせしたいのが、前号の記事で報告した「アドレノクロム
の製造工場(子供の拷問施設)」に関する続報。これについて先週、米軍の関係筋
から「問題の施設は全て壊滅させた」との情報が寄せられた。同筋によると、
その施設内にいた全ての従業員がその場で射殺され、子供たちは可能な限り助け出さ
れたという。

それらの施設はアメリカ正規軍の施設ではなく、防衛請負業者(政府から防衛
システムの開発・製造などを請け負う企業)が軍人に成りすまし、しかも施設
を正式な政府機関であるように見せかけるため 既に閉鎖された旧陸軍施設など
を使って運営されていたようだ。
http://www.paulstramer.net/2024/02/international-public-notice-murder-and.html

現在、その施設を管理していた組織の上層部も次々に粛清されているという。
そうなれば当然、ロックフェラーなどの欧米支配階級の失脚は時間の問題である。

 

【 欧米既存体制の崩壊 】

その目に見える動きの1つとして、先週5日に英王室が「チャールズ国王が
癌と診断された」と発表している。その直前には「全寮制のエリート寄宿学校
(アルデンハム学校)で数十年にわたり続いている “大規模な小児性愛者の
組織”にチャールズ国王が関与している」という内部告発がネット上で発信さ
れていた。それによると、これまでにチャールズは何百人もの子供たちを強姦

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

スロット ま ど マギ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ 続出する内部告発と加速する欧米革命
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2024/02/05 VOL737≫

 

先週、アメリカ政府高官の内部告発者から恐ろしい資料が寄せられた。
その資料には、施設で拷問されていた児童のコニ ベット カジノブラックジャックなデータが記載されている。
子供たちの氏名、生年月日、拷問期間、処分された日付…などがリスト化され、
さらには実際に拷問をした たくさんの人物の名前や顔写真、複数の拷問施設の
住所…等々が事細かに記録されている。(かなり分量が多いため、ここで提示
する資料は以下の数枚にとどめておく。)
https://foomii.com/files/00006/image/0feaba983dffa47017b786c24e94d144cebdb173.png
https://foomii.com/files/00006/image/1be6215a1f27a3d9cc006a21f6da8c442127695e.png
https://foomii.com/files/00006/image/5463be41d2c9b59dbf22276d5aeef833a9805ae1.png

この資料はアメリカのCIAや米軍特殊部隊、イギリスのMI6、ロシアのFSB、
イスラエルのモサド…等にも既に送付されているという。

 

【 内部告発 】

資料を見ると施設に収容された子供たちは幼児期から思春期までの間、継続的に
拷問を受けている。目的は、過度の恐怖やストレスを肉体的、精神的に与える
ことで血中に放出される幾つかの成分を採取すること。

まず 酷い拷問を受けた子供は、強いストレスを受けて「アドレノクロム」と
いうアドレナリンよりも強い刺激を与えるホルモンを血中に大量に放出する。
これは子供からしか採取できない成分だ。

その他にもドーパミン(脳内の神経伝達物質で、快感や多幸感が得られる)や

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コニ ベット カジノかじの

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ アメリカの内乱とロシアの欧州侵攻の可能性
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2024/01/29 VOL736≫

 

現在、テキサス州と他25州の州兵がメキシコ国境に集結し、国土安全保障省
の国境警備隊との衝突に備えている。その発端はバイデン大統領が最高裁判所
の判断を盾にして「メキシコ国境からのテキサス州兵の撤退」を命じたこと
だった。

この命令を受け、テキサス州のグレッグ・アボット知事はバイデン政権に
1月24日付の書簡(以下URL)を送り、公然と中央政府に反旗を翻した。
https://gov.texas.gov/uploads/files/press/Border_Statement_1.24.2024.pdf

 

【 アメリカとイスラエル 】

書簡の内容は、概ね次の通り。

アメリカ政府には「州を保護する」という連邦法を執行する憲法上の義務がある。
しかし、バイデン政権は その法の執行を違法に拒否した。結果、バイデン大統領
の無法な国境政策のもと、わずか3年の間に600万人以上(米国内33州の人口より
多い)の不法移民が南部の国境から流入し、全米各地に前例のない被害が生じて
いる
…というもの。

そして最後に、アボット知事は “国境防衛に対する各州の主権的利益” を
認める連邦法(第1条10節3項)に基づき「テキサス州の憲法上の自衛権を
行使する」と宣言し、臨戦態勢に突入した。

そして既に、他の州の州兵や70万人ものトラック運転手たちがバイデン政権
との戦いに備えてテキサスに向かっているという。しかもペンタゴン関係筋は

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コニ ベット カジノ銀行 入金

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ 国際金融システムの再起動と欧米の権力交代の兆し
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2024/01/22 VOL735≫

 

米ドルを中心とした既存の国際金融システムや 欧米権力の最高峰において
“大きな変化”が起きる兆しが数多く確認されている。

 

【 国際金融の変化 の予兆 】

まず先日、アジアの王族筋から「アメリカ国外にある米ドル札が次々に回収
され、大量に処分されている」との情報が寄せられた。そして同筋は「それに
代わる新しい紙幣が今年3月から導入される予定だ」と伝えている。

以前から述べている通り、アメリカ国外にある米ドルの利権は主に中国と日本、
それから中東の産油国が握っている。それを示す事象の1つが米国債の価値の
下落だ。アメリカに対する債権国(主に中国、日本、中東の産油国)が少なく
とも2020年1月以降、米国債を購入しなくなっているからだ。

そのため、アメリカ政府は代わりの買い手を見つけるべく利上げをして支払う
利子を10倍ほど引き上げた。金利が上がると米国債は値下がりする。そうなると
「利子が0.5%前後だった2020年発行の米国債」は「利子が5%近くになって
いる今の米国債」と比べて当然 価値は下がる。計算すると、だいたい45%の
下落だ。

米ドルの価値がアメリカの国内事情によってのみ決まると言うのであれば米ドル

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

ポーカースターズ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ 欧米の混乱が新たな局面に突入している
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2024/01/15 VOL734≫

 

今、アメリカ国内で進行している内戦や社会崩壊が新たな局面に突入している。
直近で特に目を引くのがニューヨーク州とテキサス州で発生している混乱だ。
また、その他にもヨーロッパでは農家やトラック運転手などによる抗議活動が
日に日に拡大するなど、欧米全体で革命の機運が急速に高まってきている。

 

【 ニューヨークの騒動 】

まず先週10日、チャバドのニューヨーク本部において異様な騒ぎが目撃された。
チャバドというのは「人為的に世紀末戦争を勃発させて人類の9割を抹殺し、
残りの人々を自分たちの奴隷にする」といった狂信的思想を持ち、さらには
「悪魔崇拝を信奉する…」というユダヤ教を名乗るカルトの過激派集団のこと。
その本部にニューヨーク警察が乗り込み、違法につくられた地下施設を
コンクリートで封鎖しようとしたところ、教団の信者たちが抵抗して乱闘を
始めたのだ。

結局 その騒ぎでカルトのメンバー12名が逮捕されたのだが、この時の動画が
世界各地で爆発的に話題になっている。映像には乱闘や逮捕劇の模様だけでなく
地下施設の中の様子も鮮明に記録されていて、ベビーチェアや血で染まった
子供用のマットレス(以下URL)など、生々しく衝撃的なモノが多数、映し出され
ていたからだ。

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コニ ベット カジノ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ ブラック・スワンの予兆と米中の異変
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2024/01/08 VOL733≫

 

今ある様々な情報を総合すると、近い将来 ブラック・スワン的なイベントが
起きる可能性が極めて高い。ブラック・スワンというのは直訳すると黒い白鳥
だが、英語圏では 「非常に稀な予期せぬ事態」かつ「実際に起きると破壊的
衝撃を与える出来事」のことを指し、主に金融・経済・社会情勢などに対して
よく使われる用語だ。

 

【 アメリカの異変 】

その“ブラック・スワン”の予兆と思われる事柄を一部ではあるが、ここで
幾つか紹介したい。

まず気になるのが1月5日、ニューヨークタイムズ紙に「OCEAN OF STORMS
(嵐の海)・11.01.2024(2024年1月11日)・NEW MOON(新月)」と書かれた
謎の全面広告(以下URL)が掲載されたこと。
https://foomii.com/files/00006/image/62fb5096a4cbaf6d747a849cb3805d4ead430933.jpg

そして、それと同じ日に「Q」と名乗るアメリカの反体制グループのサイト
(以下URL)には「REVELATIONS(黙示録=世界の終末)」との“予告”が表示
されている。
https://qofficial.net/password

他にも異変を感じさせる事柄は多い。たとえば12月22日以降、アメリカの
ジョー・バイデンが人前に姿を現していない。さらに先週5日には米国防省
が「ロイド・オースティン長官は“医療処置後の合併症”により1月1日に
軍事医療センターに入院した」と公表している。しかもアメリカ政府は入院して
から4日も国防長官が入院したことを国民に黙っていたのだ。安全保障上、
普通では考えられない。
https://apnews.com/article/pentagon-secretary-austin-hospitalized-recovering-74cf07ebba8ab4d028fd4c3be1011bfb

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

コニ ベット カジノ

皆さま

コニ ベット カジノです。

次号の配信日は1月8日(月)とさせて頂きます。
なお、1月1日の振替日として第5週目の29日(月)は配信いたします。
予めご了承ください。

何卒宜しくお願い致します。

 

 

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

スロット ま ど マギ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※ ベンジャミン・フルフォードからのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★最新刊:2023年10月27日発売開始しました!
———————————————————————-
『世界革命前夜 』 99%の人類を奴隷にした「ハザールマフィア」の終焉
著:ベンジャミン・フルフォード (秀和システム)
——————————————
世界政治の裏の動きは、決して表のテレビのニュースに出ることはない。
なぜ米国務長官のブリンケンがいきなり訪中したのか。その後、財務長官の
イエレンが訪中したのはなぜなのか。アメリカは2022年9月の時点で実質的に
デフォルトした。いま、まだ存続しているかのように見えるのは、すべては事実を
覆い隠して、真実を糊塗しているからだ。本当はここまで来ている真実を、
表のメディアはまったく伝えない。
https://www.amazon.co.jp/dp/4798070726/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

書籍:2023年9月26日発売!
———————————————————————-
『AI革命×闇の支配者 新「人類奴隷化計画」の全貌』
監修:ベンジャミン・フルフォード (宝島)
——————————————
なぜ、いま「ChatGPT」がブームとなっているのか? ブームの裏には必ず“仕掛け人”が
いる。進化し続けるAI(人工知能)覇権をめぐる「闇の支配者」たちの暗闘と現状を
徹底解説。人類がAIの奴隷になるとき、何が起こるのか。
https://www.amazon.co.jp/dp/4299047184/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

◆ 2024年予測:日欧米の権力者「失脚ドミノ」が始まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
≪2023/12/25 VOL732≫

 

バブルかどうかを見極めるのは簡単だが、それが「いつ弾けるのか」 を予測する
のは難しい。それはアメリカの倒産についても同じ。アメリカの国家借金は既に
250兆ドルを超えているため、どう計算しても倒産状態であることは間違いない。
しかし、それが表沙汰になるタイミングを予測するのは非常に困難だ。

しかし今、それでも多くの情報源が 「2024年中にアメリカとイスラエルは
“国家消滅”に向かうだろう」 と予測している。そうなれば、その影響が波及
して英国王やローマ法王、それから日本、フランス、ドイツ、イタリア、韓国、
カナダ…など多くの国の首相および大統領が相次いで失脚することになる。

 

【 2024年予測 】

この待ちくたびれた展開が、なぜ 「2024年中に起きる」 と予測されているのか
というと、やはり金融システムの頂点が交代したからだ。

イギリスのMI6筋などによると、現在「米ドル・円・ユーロ・英ポンド」の管理は
イギリスに本部を置く300人委員会が握っているという。この組織は長年に
わたり英国エリザベス女王が頂点に君臨していたが、彼女が死去した後に
トップは別の人物に変わっている。その人物については、あまり多くは語れない
のだが「男性で、ヨーロッパの王族関係者ではあるがイギリス王室の人間では
ない」ということまでは言える。

This post is only viewable for paid members please register your account to view full text.
If you registerd,please login.

モンカジ登録ファストペイカジノ招待コードコニベットカジノピクセルベット登録ベットネプチューンカジノパチンコ 優雅 堂 オンカジ ギフトコード鬼武者3 スロット ゾーンバカラ と は カジノ 競馬 カジノ ゲーム オンライン パチンコパチンコ ガロ 新台ジパングカジノ 入金不要ボーナス 犬夜叉 スロット 天井狙い